ゆず芋娘

■愛媛・内子の素材を活かした新しいお菓子

私が子どもの頃には当たりまえに有ったように、混ざり物の無い昔ながらの安心な菓子を残していきたい。それが私たちがお菓子作りをするルーツになっています。
柑橘王国・愛媛のゆずは香りが豊か。この【ゆず芋娘(いもこ)】は、甘さのなかにほのかな酸味がたまらないゆず入りの蜜を手がけした愛媛ならではの芋かりんとうです。香料を使用せず、手搾りの果汁を使用することで風味を出しています。収穫時期に手搾り冷凍保存しておいたゆず果汁とミンチし砂糖で煮詰めた果皮を蜜に混ぜ、カリッと素揚げした宮崎産のさつま芋に丹念に手がけしました。ゆず本来の苦みも残した大人の女性にお勧めしたい新感覚スイーツです。
姉妹品の「しょうが芋娘」「黒ごま芋娘」「いよかん芋娘」も食べ比べてみてください。

■ 素材そのものの風味・色合いを出す難しさ

素材を活かした他の製品にも共通することですが、一般的に、加工品開発において添加物を使用せずに素材の特徴を出すのは、難しいケースが多いのです。当社では、添加物に頼らなければ作れない製品は、開発しないということを基本としています。

原材料
さつま芋、上白糖、植物油脂(菜種油、パーム油)、柚子
栄養成分
1袋(90g)当たり
熱量    434kcal
たんぱく質  1.6g
脂質     20.0g
炭水化物   62.3g
食塩相当量  0.02g
善蔵オリジナル手提げ袋
実店舗にご来店のうえ、善蔵商品を1,500円(税込)以上お買い上げでご希望の方には善蔵オリジナル手提げ袋をおつけいたします。
詳しくはこちら

我が子菓子 善蔵芋菓子の一覧